QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.07.Thu

ロミオ×ジュリエット 10話『泪~貴方と遭えて~』

フランシスコとアントニオによってティボルトに託され逃げ出したジュ
リエットは、ネオ・ヴェローナの歓楽街のような所に身を潜めました。
貴族も平民も関係ない、ものを言うのは金だけだという街。憲兵の力も
強くないので、身を潜めるのには都合がいいようです。またしてもティ
ボルトの顔の広さが!顔見知りの宿屋に匿ってもらいます。
自分のせいで決起が失敗した事を悔やむジュリエットに、その通りだと
容赦ないティボルト。優しいんだか突き放してるんだかよく分からない
人です。今のジュリエットは足手まといだと言い、ジュリエットを置いて
出かけてしまいます。

ジュリエットが生きていた事はモンタギューにも伝わってしまっていま
した。議会でその事を公表し、娘狩りを今まで以上に厳しく行う事を
提案(というか命令)するモンタギュー。キャピュレットの娘が生き残って
いる事を知ったら寝返る人がいるとかは考えないのかな?自分に絶対の
自信があるんでしょうね。ロミオは、キャピュレットの生き残りや娘には
罪はないから許すべきだと提案しましたが、満場一致で否決されてしま
います…。モンタギューの恐怖政治の支配力は強いですね。

宿を抜け出したジュリエットは自分を責めながら街を彷徨い歩き、歓楽
街を出て行ってしまいました。雨に打たれ、フラフラになって倒れ着い
た先は、ロミオの母親、ポーシアがいる修道院の前!なんたる偶然!
たまたま外に出てきたポーシアがジュリエットを発見し、ジュリエットの
持つ剣の紋章を見て、すぐにジュリエットだと分かってくれました。
ジュリエットを看病してくれるポーシア。いい人です。モンタギューが
大公になる為にキャピュレット一族を皆殺しにした事に耐え切れずに離婚
して修道院に入ったのですね。ジュリエットにかつての夫の行いを謝り、
ロミオを呼んでくれました!母の元へ向かうロミオを見たモンタギューの
呟きが意味ありげです…。

再会するロミオとジュリエット。遂にあの名台詞が出ました!バルコニー
が出て来た辺りから言ってくれるのではないかとワクワクしてましたよ。
「ねえロミオ、貴方はどうしてロミオなの?」と問いかけ、キャピュレットの
娘であるジュリエットとモンタギューの息子であるロミオが愛し合って
しまった事を嘆くジュリエットに、ロミオは「君のためならモンタギューの
名を捨てよう!」と高らかに宣言しました!恥ずかしい台詞いっぱいだけど
きゅんきゅんします!ひとっ飛びで木の上に飛び乗ったロミオには驚き
ましたが(笑)。でもかっこ良かったvv

そして二人は修道院を出て行きました…。束の間の逃避行?!
この先二人には過酷な運命が待ち受けていると思うので、少しの間だけ
でも幸せな時を二人きりで過ごしてもらいたいです。
Categorieアニメ
トラックバック(15)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ロミオ×ジュリエット 。。。。 第10幕 泪 ~貴方と逢えて~


『 ロミオ、あなたは どうして ロミオなの? 私は キャピュレットの娘、あなたは モンタギューの息子。どうして 私達は 出逢ってしまったの?どうして、愛し合ってしまったの。』いつ このシーンがくるのか? と それは 心待ちにしていましたが。。。。ついに き...

2007/06/07(木) 22:16:44 | 幻影現実 私的工廠 ブログ

ロミオ×ジュリエット 第10話「泪~貴方と逢えて~」


修道院で暮らすロミオの実母・ボーシアより衝撃の事実を告げられたロミオ。嘗てこの地、ネオ・ヴェローナの大公を務めていたキャピュレット公は、清廉潔白な名君であった。が、モンタギューは己が大公に取って代わ

2007/06/07(木) 22:51:29 | のほほんホビー

ロミオ×ジュリエット 第10話


ロミジュリの超有名シーンキタ―――――!!!!それだけでテンションあがりましたぜとりあえず今回はジュリエットが自分のふがいなさをさらに自覚しロミオが真実を知ったティボルトに助けられたジュリエットしかし何でフランシスコはティボルトに助けを求めたのだろう?..

2007/06/07(木) 23:27:56 |                 にき☆ろぐ

ロミオ×ジュリエット 第10話 「泪 ~貴方と逢えて~」


ロミオ×ジュリエット  現時点での評価:3.5~  [ファンタジー]  CBC : 04/04 25:45  TBS : 04/13 26:25~ (初回 26:40)  サンテレビ : 04/17 25:10~  KBS京都 : 04/20 25:30~  原作 : ウィリアム・シェイクスピア   監督 : 追崎....

2007/06/08(金) 01:14:50 | アニメって本当に面白いですね。

ロミオ×ジュリエット #10


憲兵たちに隠れ家に踏み込まれ、ジュリエットだけがティボルトに連れられて娼婦街に身を潜めます。自分の甘さを嘆くジュリエットでしたが、雨の中街をさすらううちに力尽きて倒れたジ...

2007/06/08(金) 04:14:28 | 日々の記録 on fc2

ロミオ×ジュリエット 第10幕 『泪~貴方と逢えて~』


「ねぇロミオ…あなたはどうしてロミオなの?」 あの有名な名台詞がきました!!!そして二人でモンタギューとキャピュレットの名前を捨てて愛の逃避行ですヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!…フランシスコ達は…?(ノД

2007/06/08(金) 07:00:57 | 欲望の赴くままに…。

ロミオ×ジュリエット 第10話


「泪~貴方と逢えて~」名シーン、キターっっ!!ロミジュリと言えば、やっぱり「ねぇ、ロミオ。貴方はどうしてロミオなの?」ですよね♪今回はラストシーンで大いに盛り上がりました。さて、ロミジュリ再

2007/06/08(金) 19:00:24 | ラブアニメ。

ロミオ×ジュリエット 第10話 「泪~貴方と逢えて~」


脱出したジュリエットとティボルトは歓楽街に到着。裏切り者カミロはまんまとトンズラ。あれ、あの親衛隊もう人生終わったのか。-------------------------------------モンタギュー、議会で演説。情報操作すごいよなあ。キャピレット悪者にして・・・。

2007/06/09(土) 12:11:30 | 天青石 ~Celestine~

「ロミオ×ジュリエット」#10【泪】あの名台詞だ~♪


地下水道へと逃げてきたジュリエットとアントニオ。「遅かったな」良く響く深い声がお出迎えですよぉ~っ。{/roket/}もぉもぉもぉ。{/face_acha/}ダメだって、置鮎さんっ!!たった一言で、私を撃ち抜かないでぇ~よれよれよれ。アントニオに反対側へ走って憲兵をかく乱しろと

2007/06/12(火) 22:41:40 | 橘の部屋

「ロミオ×ジュリエット」第10話


第10幕「泪~貴方と逢えて~」モンタギュー奇襲は、失敗に終わった。かろうじて逃げ延びたジュリエットだったが、ティボルトから突き放され、失意の中で彷徨った末、ポーシアの修道院に保護される。ポーシアの優しさに触れ、張り詰めていたものが溶かされたジュリエット..

2007/06/16(土) 05:53:06 | 日々“是”精進!

泪~あなたとあえて~


暗い階段を下りるジュリエット夜の街を、皆の元から風の如く去っていくティボルトとジュリエット。「'''遅かったな'''」ティボルトすゎん。どんだけお待ちしておりましたの??そんなに、ジュリエット好k??(殴うわぁ、花嫁さらっていく人

2007/06/16(土) 19:50:58 | 零+

ロミオ×ジュリエット 第10話


第10話「泪~貴方と逢えて~」 「ロミオ・・・あなたはどうしてロミオなの?」バルコニーでの名シーンがとうとう。+゚(゚´Д`゚)゚+。

2007/06/16(土) 21:28:45 | てぃるみっとのまったり時々毒舌生活

ロミオ×ジュリエット#10「泪~貴方と逢えて~」感想


「ロミオ・・・何故、貴方はロミオなの!?」名台詞登場で二人の恋の道行きが見えてきた10話。ロミオがどんなに決意して男になろうとも・・・私の目はティボルト様ただ一人ですわ!!!「黒王子・・・何故、貴方はそんなにカッコイイの!?」一人で言ってなさーい!!!..

2007/06/17(日) 00:07:53 | おぼろ二次元日記

ロミオ×ジュリエット 第10話「泪~貴方と遭えて~」


どうして私たちは出会ってしまったの――。ティボルトの手引きで脱出したジュリエット。決起が失敗を自分のせいと悔やみ街をさまよい…そんな彼女を救ったのはロミオの母だった。運命は二人を再び再会させる――。

2007/06/17(日) 22:20:32 | SERA@らくblog

真実のごとく…


ロミオ×ジュリエット 第10幕

2007/06/19(火) 06:51:48 | Fere libenter homines id quod volunt credunt

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。