QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'09.19.Wed

ロミオ×ジュリエット 23話『芽吹き~死の接吻』

モンタギューは滅び、ジュリエットがネオ・ヴェローナの新たな大公に
なる時が来ました。しかしジュリエットはエスカラスの元へ赴く決意を
胸に秘めていました。そんな事を知らないロミオは、モンタギュー家の
自分がいるとジュリエットの妨げになる、と村に帰るつもりです。
「ネオ・ヴェローナが本当の意味で再興するまで別々の道を行こう…」じゃ
ないよ!ロミオ!そんな悠長な事を言ってる場合ではありませんよ!と
やきもきしていたら、ティボルトが行動を起こしてくれました!今回の
ティボルトはとても世話焼きさん(笑)。ロミオにジュリエットがエス
カラスの犠牲になるつもりだと教えてくれました。エスカラスの挿し木
になるという事はエスカラスに変わって苦しみを受ける事なんですね…。
「最愛の人に対してさえ身を引く事でしか想いを現せなくなってしまった
のか!」と発破をかけるティボルト。アツいです。こんなにアツい男だ
ったのか…。

真実を知ったロミオはジュリエットを止めるべく、ジュリエットを追い
ます。エスカラスの元へ向かうジュリエットに追いつくロミオ。ジュリ
エットの決意は揺るがない為、ジュリエットは自分の意志を貫く為に、
ロミオはジュリエットを止める為に、二人は剣を交わしました!こんな
形で戦う事になるとは…!しかも二人ともお互いの事を思ってやっている
のに…。戦いの合間に挿入される今までの二人の思い出のシーンが涙を
誘います(;;)。

決着は、ジュリエットに一瞬迷いが生じた瞬間に訪れます。ジュリエッ
トの剣をはじき、抱き寄せるロミオ。しかし城の崩壊は激しくなってい
ました。ジュリエットを探しに来たコンラッドやフランシスコ、キュリオ、
ティボルトもやってきましたが、遂にエスカラスがジュリエットを
強制的に拉致!今までの経緯を知らないコンラッド達は何が何やらって
感じだろうなぁ。エスカラスの大樹がある最深部にさらわれたジュリエ
ットをロミオに追わせようとするティボルトが「行け。お前の愛でジュリ
エットを救ってやれ!」と言った時は台詞の恥ずかしさに吹いてしまい
ました。ごめん…ティボルト…。

大樹の元でジュリエットを捕らえていたのはオフィーリア。ロミオを
弾き飛ばし、ジュリエットに死の接吻を…!ジュリエットはこのまま
挿し木になってしまうのでしょうか?!次回予告は殆どが風景で、
最後にロミオと、消えそうなジュリエット…。どのような結末を迎える
のか想像もつきません。
Categorieアニメ
トラックバック(16)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ロミオ×ジュリエット 第23話 「芽吹き~死の接吻~」


ロミオ×ジュリエット  現時点での評価:3.5~  [ファンタジー]  サンテレビ : 火曜 25:10~  CBC : 水曜 25:45  TBS : 木曜 26:25~   KBS京都 : 木曜 25:30~  原作 : ウィリアム・シェイクスピア   監督 : 追崎史敏  音響監修 ...

2007/09/20(木) 00:11:55 | アニメって本当に面白いですね。

『ロミオ×ジュリエット』#23「芽吹き~死の接吻~」


「キミの運命は僕の運命」モンタギュー亡き後、剣を取ったジュリエットを見て大公の後を継ぐ決心がついたと勘違いしたロミオちゃん。大公の座をキャピレット家に明け渡し、自分...

2007/09/20(木) 10:43:31 | ジャスタウェイの日記☆

(アニメ感想) ロミオ×ジュリエット 第23話 「芽吹き~死の接吻~」


ロミオ×ジュリエット -III-ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェローナ城は取り戻された。コンラッドは戴冠の儀を進めようとするが、ジュリエットはエスカラスへ導かれ、オフィーリアの元へ向かっていた。すべての人を救う為に。その頃ロミオは、ティボルトにペトル....

2007/09/20(木) 16:31:54 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

ロミオ×ジュリエット 第23話「芽吹き~死の接吻~」


「保たれし調和、永劫に受け継ぐべく摂理、女神の頬、濡れる時、選ばれし汝、紅き産毛を持って、拭うべし・・・!!」そう語り、ジュリエットに襲い掛かるオフィーリアは、最早怨念の塊としか思えない。エスカラスの

2007/09/20(木) 20:55:40 | のほほんホビー

レビュー・評価:ロミオ×ジュリエット/第23幕 芽吹き ~死の接吻~


品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 33 / お色気評価 50 / 総合評価 16レビュー数 6 件 ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェローナ城は取り戻された。コンラッドは戴冠の儀を進めようとするが、ジュリエットはエスカラスへ導かれ、オ

2007/09/20(木) 21:42:59 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

ロミオ×ジュリエット 第23話「芽吹き~死の接吻~」


君の運命は、僕の運命――。ネオ・ヴェローナはキャピュレット家に取り戻された…。戴冠を前にジュリエットは、エスカラスの元へ向かう。ロミオは、ティボルトからジュリエットに運命を聞かされ止めに走るが…

2007/09/21(金) 01:11:18 | SERA@らくblog

ロミオ×ジュリエット #23 「芽吹き~死の接吻~」


あぁ、美しき兄弟愛ティボ:「ロミオ、行け!お前の愛でジュリエットを救ってやれ!」ロミオ:「ありがとう、兄上!」ティボ様の台詞がクサイ!でもそれ以上に兄弟愛の芽吹...

2007/09/21(金) 07:15:20 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

「ロミオ×ジュリエット」#23【芽吹き】ちょいと突っ込みたくなりました。


もう時間がないからねぇ。来週最終回ですから、仕方ないのかもしれませんが、ちょこちょこ違和感がありましたわー。{/face_ase1/}とりあえず感想いっときます。父に代わり、大公の座をキャピュレット家に譲り渡すと、ジュリエットを前に跪いて誓うロミオ。「ネオ・ヴェロー

2007/09/21(金) 07:58:21 | 橘の部屋

ロミオ×ジュリエット 第23話


「芽吹き~死の接吻~」ティボルトが熱い!!モンタギューが倒れ、いよいよキャピュレット家復興の時。コンラッドは急いで戴冠の儀を行おうとし、ロミオもまたモンタギューの息子である自分がネオ・ヴェロー

2007/09/21(金) 17:57:08 | ラブアニメ。

ロミオ×ジュリエット #23


モンタギュー大公が亡くなり、ロミオは大公の座をジュリエットへと譲り渡しました。そして、ジュリエットはロミオに知らせることなく、1人エスカラスの元へと向かうのでした。ジュリ...

2007/09/21(金) 21:31:45 | 日々の記録 on fc2

「ロミオ×ジュリエット」第23話


第23幕「芽吹き~死の接吻~」ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェローナ城は取り戻された。コンラッドは戴冠の儀を進めようとするが、ジュリエットはエスカラスへ導かれ、オフィーリアの元へ向かっていた。すべての人を救う為に。その頃ロミオは、ティボルトにペト..

2007/09/22(土) 05:26:07 | 日々“是”精進!

ロミオ×ジュリエット【第23幕】「芽吹き~死の接吻~」


ロミオから太閤の座を受け渡されたジュリエットだがその顔は曇っていた キャピレットの旗が掲げられ、民衆は安堵し、すぐにでも戴冠式をしたいのだがジュリエットが行方不明になる 自身がどんどんと酷くなる中、エスカラスの下に向かっていたのだ ロミオはティボルトからエ

2007/09/22(土) 15:10:05 | フカヒレ家

ロミオ×ジュリエット 第23話


第23話「芽吹き~死の接吻~」死の!?・゚・(ノД`;)・゚・

2007/09/22(土) 21:50:49 | てぃるみっとのまったり時々毒舌生活

ロミオ×ジュリエット#23「芽吹き~死の接吻~」感想


キャピュレットの娘は代々エスカラスとともに生きる。世界を崩壊から救うためにジュリエットはエスカラスの元に向かう・・・。「ロミオ・・・貴方との約束、守れない・・・。」「芽吹き~死の接吻~」あらすじは公式からです。ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェロー..

2007/09/23(日) 07:48:26 | おぼろ二次元日記

ロミオ×ジュリエット23話「芽吹き~死の接吻~」


「あまりに強く愛したら、失ったときの悲しみに耐えられないかも・・・」『あなたとの約束、守れない』前回怒涛の展開で戦いに終結がついたネオ・ヴェローナ。 だが、ジュリエットの戦いは大公が死んで終わったわけではないのだ。そのジュリエットの前に膝を着くロミ..

2007/09/23(日) 07:53:48 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

ロミオ×ジュリエット  第23話 「芽吹き-死の接吻-」


今話を含む一連のネオ・ヴェローナの政権交代劇。新末東漢初と良く似ています。支那の王朝・新が滅びて、光武帝により東漢がおこるまでが新末東漢初。赤眉の乱、緑林軍騒動、更始帝の即位など各種混乱が起こりました。

2007/09/23(日) 16:47:57 | 神奈川辺境交通(かなへん)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。