QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2008'12.27.Sat

マリア様がみてる 『ハローグッバイ』

マリア様がみてるハローグッバイ (コバルト文庫 こ 7-60)
(2008/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る
一応最終巻。祥子・祐巳編はおしまいです。
前巻でしんみりした話はやってしまったので、爽やかな終わり方で
良かったです。
卒業式当日の話に絡めて前薔薇様勢揃いだったり、祥子様と令様が
つぼみになったばかりの話があったり、今まで短編集とかで出てきた
キャラがちょこちょこ出てきたり、ラストにふさわしい贅沢な巻でした。

白薔薇さん達は今回卒業生がいないから志摩子さんの出番が少ない
のは寂しかったですが、ほわほわな志摩子さんもしっかり者な志摩子
さんも見られたし、聖さまにからかわれた乃梨子が聖さまには言い返せ
ないで志摩子さんにブーブー文句を言うのが可愛かったりしたのが
可愛かったので概ね満足です(^^)

由乃さんもついに菜々を妹に!由乃さんらしいロザリオ拝受式でしたが
ちょっとうるっと来てしまいました。菜々って、最初出てきた時はこのキャラ
ってどうよ?とあまり好きではなかった気がするのですが、いつの間にか
可愛く感じるようになっていました。菜々に限らず、瞳子・加南子・笙子も
どんどん可愛く思えるようになったなー。

最後、紅薔薇になった祐巳が出てきた時には感慨深いものが…。リアル
タイムでマリみてを追っていたわけではないのですが(初めて発売日を
待って買ったのは確か『特別でないただの一日』)、祐巳成長したなー、と。
今巻のテーマが卒業式だったので、ところどころうるうるしながら読んでいた
のですが、明るく終わっていて、読後感爽やかでした。

作者は、リリアン女学園を舞台にした話をまだやるつもりらしいので、
また新しいキャラでリリアンの話が出たら読みたいと思います。
Categorie小説
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。