QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'07.02.Thu

マリア様がみてる 『リトルホラーズ』

マリア様がみてるリトルホラーズ (コバルト文庫 こ 7-62)マリア様がみてるリトルホラーズ (コバルト文庫 こ 7-62)
(2009/07/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る
祐巳達が3年生になって新章スタート。おおー。菜々が表紙だ~。
もしかして話も菜々視点?と思ったらやっぱりそうだった!
祐巳達が薔薇様って呼ばれてたり、乃梨子や瞳子が「さま」
付けで呼ばれてるのは不思議な感じです。
しかし、折角の新章スタートだというのに全然関係のない人達の
短編集で肩透かしをくらった感じでした。短編の合間合間に
入ってる、新しい立場になった薔薇の館メンバーの話をもっと
読みたかったです。今までの短編集は面白かったのになー。
今回のは短編に全くと言っていいほど既存メンバーが関わって
ないし、ミステリー風のよく分からない話ばっかりだし、正直、
これをマリみてという作品でやる必要があるの?と。リリアンと
いう舞台が使いたいだけなら、マリみてじゃなくて『マリみてと
同じ学校が舞台の別の話』にしてくれた方が良かったです。

文句はこれ位にしておいて…。菜々視点の話は新鮮で面白かった
です。視点が変わるとキャラのイメージががらりと変わるのが良い
ですね。瞳子がすごく大人っぽいよー!最初の挿絵で志摩子さん
が髪の毛結んでて、前に結んでた時ともかなり印象が違って少し
ショックを受けました…。3年生になってイメージチェンジ?!と
思ったら、最後の章で理由が判明して良かったです。あと、最後の
短編が祐巳達がまだ一年生の時話なのは懐かしくて良かった!

やっぱり、薔薇の館メンバー関連の話が読みたいので、次巻は
それを期待します。
Categorie小説
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。