QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'08.02.Sun

サマーウォーズ

昨日、公開初日にサマーウォーズを見に行って来ました。
8月1日に細田監督作品を見るという贅沢(?)をしたかったん
です!つづきにネタバレありで感想を少々。ストーリー的に重要な
部分に触れているのでこれから見に行く予定の人は読まない
方がいいです。
なんといっても一番かっこ良かったのはお婆ちゃん!泣かされ
たのもお婆ちゃんのシーンばかりでした。一番好きなのは、
最初の見せ場だと思われる、世界の危機にお婆ちゃんが電話を
掛けまくって叱咤激励するシーン。派手な動きはないのに鳥肌と
涙が…。PVとかを見て、お婆ちゃんが一族を率いて立ち向かう、
という感じなのかと思っていたら、まさかの途中退場には驚か
されました。それでも、一族の心を一つにするのはお婆ちゃんで、
一族はお婆ちゃんの意志を継いで戦う…というのがすごく良かった!

電脳世界OZの描写は細田監督節炸裂で、デジアド好きには
もうたまりません(笑)。ウォーゲームを劇場で見られていない
ので、スクリーンであの世界を体験できたのは嬉しかったです。
一番の見せ場はやっぱり最後の花札対決ですかね。夏希の
アバターが可愛いよー!変身したのは笑ったけど(笑)。
ピンチになったところで、今まで見ていた世界中の人達がネットを
通じて助けてくれるのがまたまたウォーゲームを彷彿とさせました。
展開的にありがちなのかもしれないけど、掛け金であるアバターが
1増えた時は鳥肌ものだった!

あと、甲子園の試合の流れと軌道衛星が落下してくるまでの
時間をシンクロさせる手法もウォーゲームっぽいですよね。
ロケットと電子レンジでケーキが焼きあがるまでの時間をシン
クロさせていたのを思い出しました。あのカウントダウンの時計
ってなんであんなにワクワクさせてくれるんだろう?!

主人公の健二は活躍したんだかしてないんだかイマイチはっきり
しませんでした(笑)。ラストでは重要な役割を果たしていましたが。
頭の良いキャラは大好きなので、もっとその良さを活かしてくれ
たら良かったかな。

余談ですが、サマーウォーズの舞台は信州上田。お婆ちゃんの
家は上田城がモデルになってるらしいです。でもって、一族の
話にたびたび出てくるご先祖様=真田氏なんですよねー。
戦国BASARA好きとしてちょっとソワソワしました(笑)。

約2時間の上映時間ですが、テンポ良く進んであっと言う間
でした。できればもう一回見たいですが多分無理なので、DVDを
待ちたいと思います。あとTV放映。時かけみたいに夏の風物詩に
なったらいいな。
Categorieアニメ
トラックバック(6)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

[映画感想] サマーウォーズ


サマーウォーズ (角川文庫)(2009/07/25)岩井 恭平商品詳細を見る 今日公開のサマーウォーズをさっそく見に行きましたので感想を書きたいと思いま...

2009/08/03(月) 01:35:13 | 混沌-chaos-という名のクロニクル

映画 細田守 「サマーウォーズ」 感想


★★★★★★★★☆☆(8.5:面白い!) 「時をかける少女」が大ヒットした 細田守監督の最新作「サマーウォーズ」を見て行ってきました...

2009/08/03(月) 22:03:30 | サボテンロボット

細田守監督最新作 映画 サマーウォーズ 多分ネタバレ無しの感想


憧れの先輩から突然頼まれたバイトは何と何とのフィアンセ役。実に羨ましいシチュエーションでストーリーが始まるサマーウォズ。数学オリンピック日本代表を逃した小磯健二が主人公で、仮想世界OZで起こる様々なトラブルと、陣内家一族との激しくも心温まる交流を描く、...

2009/08/04(火) 00:42:58 | よう来なさった!

「サマーウォーズ」感想


細田守、期待の最新作「サマーウォーズ」を鑑賞。                料金が1000円の日に公開だなんて気が利いているじゃない...

2009/08/05(水) 16:28:58 | Lounge ”Himajin” Killer

サマーウォーズ


世界危機の夏。恋する夏。  

2009/08/06(木) 10:25:07 | Akira's VOICE

『サマーウォーズ』七夕完成披露試写会@新宿バルト9


基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、監督:細田守(時をかける少女)、キャラクターデザイン:貞本義之(新世紀エヴァンゲリオン)、音楽:松本晃彦(踊る大捜査線)が送る...

2009/08/26(水) 16:46:51 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。