QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'08.14.Fri

読書

なんだかやる気が起きないけどぼーっとしてるのも暇なので
色々読んでます。

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る
これを読みたいが為にあまり面白いと思えなかった『探偵ガリ
レオ』と『予知夢』も読みました。やっと本命が読めたー。
ガリレオシリーズの中で一番好きです。前二作は科学トリック
的な謎解きが多すぎてついて行けなかったのですが、これは
ガラリと変わって心情に焦点が当てられていたので肌に合った
みたいです。面白かった!計算づくで最後にピースがピッタリ
はまる様は鳥肌が立ちました。タイトルの真の意味も泣ける。
どうでもいい事ですが、湯川の肩書きが助教授から准教授に
変わってて、そんなところに時代を感じました(笑)。


吉原手引草 (幻冬舎文庫)吉原手引草 (幻冬舎文庫)
(2009/04)
松井 今朝子

商品詳細を見る
ずっと前に直木賞をとったという事で新聞に紹介された時から
気になっていて、文庫化したら読もう~と思ってたらいつの間にか
文庫化されてました。そういえば容疑者Xの献身も直木賞受賞作だ。
何か事件を起こして突然姿を消した花魁の足跡を辿る人物に、
花魁の事を知っている人達が語って行く、という形式の話です。
吉原とか花魁についての知識は漫画で得た付け焼刃の知識しか
ないけど、特殊な決まり事とか面白いですよね。これもラストが
良かった。それまでわざと霞掛かったようにぼやーっとしか輪郭が
見えなかったものが最後にぱーっと晴れるとすっきりする!
Categorie小説
トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。