QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2009'09.14.Mon

KYO

Samurai deeper Kyo (38) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3689巻))Samurai deeper Kyo (38) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (3689巻))
(2006/07/14)
上条 明峰

商品詳細を見る
何年か前までマガジンで連載していた『KYO』をダンナが突然
大人買いして来たので一緒にせっせと読みました。本誌連載中は
読んでなかったんですよね。全38巻は長かった…。

1巻が発売されたのは10年前くらいみたいなのですが、この人
良い意味で絵変わらないですねー!女の子キャラがちょっとあざとい
くらいの(笑)柔らかさがあって好きなので良かったです。説明口調の
多いのと、技の名前が厨二病全開な事が気になりますが、中盤
からどんどん面白くなって行きました。

キャラは、サスケ・ほたる・辰伶あたりが好きです。そういえば
見てなかったけど昔アニメやってたよなーと思って、キャストを
調べてみたら見事に私のイメージと違って驚きというより笑いが。
狂・ゆや・辰伶は合ってると思うんだけど、他はないわー。

読み終えて振り返ってみると、本当の意味での『悪人』というのが
ほとんどいなかったのはすごい事かと。敵として立ちふさがるキャラも
ラスボスさえも大切な人とか一族を守る為に戦っていたので、戦いに
勝利しても物悲しさとか切なさが残りました。敵から味方への
寝返り率が半端じゃなく、死人が少なかったのは良かったです。
今マガジンで連載している同じ作者の作品でもヒロインがどんな
敵でもほぼ許そうとする姿勢はその辺りの流れを汲んでいるの
かな、と思いました。
Categorieコミック
トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。