QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2010'01.31.Sun

マリア様がみてる『私の巣』

マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)
(2009/12/25)
今野 緒雪

商品詳細を見る
12月に発売されている事に気付かなくてやっと購入。
メインキャラは殆ど出てこない番外編の短編集でした。
時系列的には祥子様卒業前~前作のちょっと後まで。

以下、感想ですが辛口気味ですのでご注意。
前作、リトルホラーズから世代交代があって、これからは
キャラだけじゃなくリリアンという舞台だけでも愛していないと
楽しんで読めないのかなー、と思っていたのですが、今回は
表紙の二人の少女の家族を中心とした物語だったので、メイン
キャラどころかリリアンすら殆ど出て来なかったという…。
これをマリみてでやる必要があるの?という疑問が沸きました。
短編集の中に一つとか二つとか山百合会メンバーとは関係の
ないキャラの視点の話が入っているのは面白いと思うのですが、
一冊丸ごと関係ないキャラの話をやられてもなあ、というのが
正直な感想です。しかも学校生活の話じゃなくて家族内の話が
メインって…。

マリみてファンとしては、今回の話の主役達のクラスメイトが
乃梨子だったり瞳子だったり志摩子さんだったりするので、
会話の中にちょこっと出てくるのを楽しみにするくらいしか
できませんでした。乃梨子は比較的出番があった方かな。
惰性で買うのもそろそろおしまいかなーと思いつつ、次作は
面白いといいなと期待してしまうファンの悲しい性。
Categorie小説
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。