QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2012'04.17.Tue

彩雲国物語

彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)
(2011/05/31)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る
数年前に途中まで借りて読んだ彩雲国物語。続きが気になって
いたのですが、読む機会がなく、先日やっと全巻を読み終える
事ができました。
序盤はすごく面白くて、中盤ちょっと色々と違和感がある部分
とかあったのですが、やっぱり物語に引き込まれて後半はまた
面白くなって、ぐんぐん読み進めてしまいました。

全編通して感じたのは、まー、女性陣が強い事強い事(笑)。
秀麗始め、弱いだけの女性キャラっていなかったのでは?
すごく弱くて利用されてしまったようなキャラでも最後は
自分の強い意志で物事を決める事ができたり、彩雲国物語の
とても好きな部分です。

それに比べて男性陣は弱く描かれています。特に、前半は顔も
家柄も良くて地位があって頭も切れるように描かれていた
静蘭・楸瑛・絳攸辺りの中盤以降からの落ちっぷりったら…。
若さ故の過信でどんどん落ちて行くのは読んでいて辛い事も
ありましたが、秀麗だけでなく彼らの成長の物語でもあったと
思います。

そして劉輝。ほんっとーに最終巻までいいとこなしだった(笑)!
劉輝があまりにダメな王として書かれているのが後半読んでて
不満に思った部分の一つでもあるのですが、最終巻なかったら
ダメダメなまま終わってましたね…。その分最終巻では悩み
迷いながらも立派になって安心しました。

秀麗の最後はどうなるか事前に知ってしまっていたのですが、
すぐ劉輝と結婚してすぐ死んでしまうのかと思っていたら
30歳位まで生きたようなのでびっくりしました。
主人公が死んでしまうというともすれば物悲しい終わり方に
なってしまいそうなのに、秀麗は生き抜いて、劉輝には娘を
遺してあげられて本当に良かった。

見事なハッピーエンドだと思います。旺季達も全員生き残るとは
思わなかったよ!悠舜は絶対死ぬと思ってた…騙された…。
人間関係がとても楽しく描かれていて、若者達だけじゃなく
壮年層まですごく可愛かったなー。

秀麗と劉輝の恋愛は最後まで殆ど進まなかったけど、その分
脇を固めるカプ達がどれもこれも私好みで、読んでるだけで
ニヤニヤできました。ノマカプ厨には美味し過ぎる。
最初好きになったのは影月と香鈴なのですが、茶州編以降は
出番無かったですね…。でも楸瑛→珠翠の報われない恋っぷり
とか黎深と百合姫の一筋縄ではいかない夫婦関係とか、
うー様と瑠花のすごく長く遠回りした恋の結末とか、どれも
本当に大好きです。

最終巻では、今まで出て来たキャラが本当に少しだけでも
ほぼ全員の名前が出て来たのが嬉しかったです。

まだ最後の外伝を読んでいないのですが、本編とはかなり
雰囲気の違う作品のようなので、機会があったら読んで
みたいと思います。
Categorie小説
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。