QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'02.21.Tue

本を買いました

遙か3ファンの間では常々噂になっている(?)、『君の名残を』が
文庫で出たので買いました。
まだ50ページほどしか読んでいなくて導入部も導入部なのですが、
それだけでも遙か3を彷彿とさせるところがかなり多くて面白いです。

話としては、現代の女子高生である主人公が、隣に住む幼馴染の男の子と、
主人公にほのかに想いを寄せる年下の男の子と共に、雨の日にタイムスリップを
してしまって、義経やらが活躍していたあたりの時代に飛ばされてしまい、
その時代の中を生きて行く…という感じみたいです。
遙か3の説明をしているのではありませんよ(笑)。
『君の名残を』の説明をしているのです。全く同じになりましたがね。
飛ばされた先では龍神の淵とやらで目が覚めたそうです。

まぁ、まだ全然読んでいないので、中身は違うのでしょうが。
上下巻で読みごたえありそうなので、読み進めて行く事にします。
Categorie遙かなる時空の中で
トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back
こんにちわ。

『君の名残を』ですか?
興味深い本ですね!気になります。笑
今度、読後の感想聞かせてください。

ちょっと、気になって調べたら、
作者は『四日間の奇跡』書いた人みたいですね!
『君の~』も切ない展開なのかな?

Tなか:2006/02/22(水) 17:06 | URL | [編集]

こんちわー。
もう読みながら遙か3の事ばかり思い出して大変です。
読み終わったら強制的に貸しますよっ。
切ない系の話みたいですね。帯に「ボロボロ泣きました」というのがあったので。

まい:2006/02/22(水) 22:00 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。