QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.17.Wed

オペラ座の怪人

劇団四季の『オペラ座の怪人』を見てきました。
CATS以来だから久々の観劇です。

やはりあのテーマ曲は生で聴くと迫力があって良かったです。
あと、時代背景のおかげでクリスティーヌの衣装がどれも可愛いv
ラウルがあまりかっこ良くなかったのが難点でした。ダンナと
「石丸幹二だったらな~」と言ってもしょうがない事を言っていました。
だって石丸幹二だったら絶対かっこいいんだもん!燕尾服
(タキシード?)がとてもよく似合うと思うんだもん!
怪人も、私の中で勝手にスリムでダンディ(笑)な人を想像
していたのですが、なんか小さかった…!
ヒロインよりも背が低く見えたのですが?!
音楽・ダンス・歌などは申し分ありませんでしたが(欲を言えば
石丸版ラウルと、高井さんという人の怪人を見たかった)、
人物の設定がどうも好きになれませんでした…。
どいつもこいつも自分勝手ですよね(笑顔で)。

怪人は確かに可哀想といえば可哀想なんだけど、独占欲で
あれだけの事をやっちゃったらしょうがないよ…。
愛し方を知らなかったという事なのでしょうか。
クリスティーヌは自分勝手というか、根本的にひどい女性かと…。
歌を教えてくれた怪人を慕ってるように見せかけて罵ったり
「恐ろしい!」とか言ったり、2回も仮面剥いだり(2回目は
公衆の面前で!)、やりすぎだー!最後もわざわざ指輪を
突っ返しに来るし!いらないなら湖に捨てるでもなんでも
すればいいのに!(それもヒドイ)

CATSとかマンマ・ミーア!とかと違い、後味はすっきりしませんでした。
来月はクレイジーフォーユーを見に行くので、こっちに期待です。
Categorie日常
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。