QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.23.Tue

彩雲国物語 『朱にまじわれば紅』

4044499063彩雲国物語 朱にまじわれば紅
雪乃 紗衣
角川書店 2005-04-28

by G-Tools
すごい面白かった。電車の中で読んでて何度吹き出しそうになった事か…。
知らない人がこの表紙だけ見たら「この二人はラブラブなんだなー」とか
思いそうです。実際は全然違うのに(^^;)。劉輝可哀想…。

この番外編集にもしたたかな女性達が登場。秀麗のお母さん
(ですよね?)と胡蝶さん。秀麗のお母さんって一体何者?!
そして、楸瑛の想い人が…!うわー!びっくりだー!でも納得かも?
あの楸瑛をあれだけ軽くあしらっちゃう彼女が素敵です。
今まで楸瑛は結構どうでもよかったのですが、あの言動の裏に
秘めた想いがあると知って、株が上がりました。

秀麗お見舞い大作戦(←違)は叔父さん達がかなりおかしかった…!
壁を乗り越えようとする黎深とか、それを置いてさっさと家に入る
奇人とか…。黎深すごく好きなんですけど(笑)。姪大好きにも程がある!
奇人はすごくかっこいいですよね~。あれを速水声でやられたら堪りません。

劉輝は最後にしか出番がありませんでした。“なけなしの自制心”とか
書かれてたけど、充分自制心あると思うけどな~。甲斐甲斐しく
秀麗の世話を焼く姿が可愛かったです。しかしそれが裏目に出て
邵可と静蘭の殺気を浴びてしまうのが劉輝らしいというか何というか(^^;
Categorie小説
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。