QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.29.Mon

彩雲国物語 『藍より出でて青』

彩雲国物語 藍より出でて青 彩雲国物語 藍より出でて青
雪乃 紗衣 (2006/03/31)
角川書店

この商品の詳細を見る
短編集第2弾。一本目のタイトル通り、本当に龍蓮タイフーンって
感じでした(笑)。楽しかったです。楸瑛と語る場面では少し
真面目な一面も見られたり?というか、龍蓮はいつも至って
真面目なんですよね。他人にはそう見られないだけで。龍蓮を
兄として心配する楸瑛はとても良かったです。なんだかんだ
言って気にかけているんですね。関係ないですが楸瑛は髪の毛を
下ろしている方が男前度がアップすると思います!あと、藍家の
現当主が三つ子だったのには驚きました。

番外編、といいつつ本編の謎を明らかにしたり更に謎を増やしたり
されました(^^;)。秀麗の体の秘密って??璃桜が執拗に
欲しがっている所を見ると、縹家に何か関係あるのでしょうか。
「私じゃダメなの」という台詞も気になります。世継ぎが
出来ない体とか?いやいや、そんなんじゃないだろうな…。

彩雲国物語を貸してくれた友達が好きキャラベスト3をやって
いたので私もやってみようと思いましたが…

1位 劉輝
2位 静蘭・龍蓮
3位 奇人・黎深

という結果になり、ベスト3どころじゃなくなってしまいました。
更に、燕青とか影月とか玖狼とか絳攸も大好きですよ!
Categorie小説
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。