QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.28.Mon

舞一夜感想追加

ゆめ太カンパニーさんのサイトに舞一夜製作日誌なるものが
あったのですね。今日初めて知りました。あかねの部屋の模型
とか作ってあるんだ~。コレコレ背景ボードの写真なんかも
ありました。あの美麗背景の元なんですね~。
昨日、感想めぐりをしていたら思った以上に季史さんを「タキシ」と
呼んでいる方が多くて驚きました(笑)。確実に広まってる…!
タキシと読まないように頑張って意図的に「季史さん」と呼び
続けていたのに、めげそうです。もうタキシでいいですか?
感想でいくつか書き忘れた事を思い出したので書いておきます。
舞殿での戦いの時、季史さんの攻撃からあかねを守ろうとして
詩紋が一生懸命あかねを抱えようとしてたのが可愛いなーと
思っていたのですが、その後お姫様抱っこしたのですね!
気付かなかった。あと、永泉の術の発動がカッコよかったです。
地面に字が出てから発動…ってなんか燃える。戦闘シーンが
すごく気に入ったので、もう一度ちゃんと見たいな~。

書き忘れた事といってもこれくらいしかなかったや(^^;
あとは、季史さんに対するいじめが古典的で面白かったなーとか。
衣装がズタズタにされてましたよね。季史さんは舞の才を認め
られて正式に多家の養子にしてもらった、とかなのでしょうか。
舞を教えてもらえなくて一人で練習する姿はせつなかった。
あ、あともう一つ。季史さんは忘れてしまった『名前』が鍵に
なっていたから、あかねがその名を呼んで思い出させるのかと
思ってたのに、友雅さんが呼んでしまってガックリきました(笑)。

“斉陵王”(字が違うか?)って実在するのかなーと思って
少し調べてみたら、実際は“蘭陵王”という名前なのですね。
しかも二次創作とかあって結構人気っぽい。有名なのですか?
あの面が龍だという事実にびっくりです。怖いよ。
Categorie遙かなる時空の中で
トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back
こんばんは~。

舞一夜、見に行かれたのですね(^-^)♪
私も試写会は何かと“アレ”でしたので、劇場で見たかったです…
まいサンの感想を読んで「うんうん」と共感しながら映画を回想してますv

ところで、まいサンは永泉の「あん…」って台詞聞きましたか(笑)?
記者会見で監督だったかが保志サンに言わせようとした台詞らしいです。
詳しくはよくわかりませんが、戦闘シーンらしいですよ(@_@;)

ではでは~

卜部深月:2006/08/28(月) 21:44 | URL | [編集]

おはようございます。
小さなスクリーンの映画館でしたが、危惧していたような騒ぐ人もいなくてよかったです。上映前のゲーム版舞一夜とアニメ版アンジェリークのCMで少しだけ「きゃーv」という声があがりましたが(^^;

永泉の「あん…」ですか?!気付きませんでした!保志さんが言ったらかなり色っぽくなりそうですね(笑)!DVDになったら気をつけて聞いてみます~。

まい:2006/08/29(火) 10:22 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。