QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2005'10.03.Mon

暴れん坊本屋さん(1)

4403670199暴れん坊本屋さん (1)
久世 番子
新書館 2005-09

by G-Tools

朝日新聞の書評みたいなコーナーで紹介されてて、本屋さんの裏話が描かれてて
面白いとの事だったので、元・本屋店員としては興味津々で買ってみました。
(それにしても新聞でウィングス系のコミックスの書評をやるとは思わなかった…。)

買ったのは仕事帰りに電車を乗り換える駅の本屋さんなのですが、
ここは以前ウィングスコミックスの新刊を買おうとしたら売ってなかったり
あっても棚に一冊だけ挿してあったり…という状態だったので、
売ってるかどうか不安だったのですが、思いっきり平積みで売られてました(笑)。
本屋さん的にはやっぱりこういう本はヒイキしちゃうのでしょうか(^^;

内容は、詳しく書くと面白くなくなっちゃうんであえて書きませんが、
本屋の店員やった事ある人の方が断然楽しめると思います。
なんか懐かしかったな~。「あー、コレすっごいわかるわかる~」と
思えるのは本屋経験がある人のみですから。
“お客さんの言う本のタイトルの6割は間違っている”は本屋の格言に
できそうです(笑)。
本屋さん経験がない人は、これを読めば本屋がもっと楽しくなるかも。

作者さんはウィングスでコミックスも出てる人なのですね。
作品紹介見たら、前に本屋さんでちょっと手に取った事がある本の
作者さんでしたw(買わなかったのですが。)

欲を言えば、もう少し紙の質を良くするか、ページ数を増やすか、
値段を下げるかして欲しかったです(;´▽`A``
正直、この装丁で640円は高いなー、と思いました。
内容が面白いだけにもったいないです。
でも気に入ったので続刊が出たら多分買っちゃいます。
Categorieコミック
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。