QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.11.Mon

『空の小鳥』と『星のオペラ』

ハチクロ10巻の巻末に入っていた読みきりふたつがとても
好きです。というか、電車の中で読んでいたのに、泣いて
しまいました(^^;
『空の小鳥』は仕事してて、主婦業もしてる女性なら誰でも
共感できると思う…。いや、もう共感しすぎて大変でした(笑)。
あの主人公の女の子と語り合ったら楽しいだろうなぁ、などと
思ってみたり。不満があるわけじゃないんだけど、たまに
「がーっ」となるんだよね。

『星のオペラ』はドラえもんの道具を一つ使って話を描く、と
いうコンセプトで書かれたものだと書いてあったので、いつ
その道具が出てくるのかと思ったら、ああやって使ったのか!
とその発想力に脱帽しました。そして泣きました。親子の愛情
とかに弱いです。だってあの手紙の内容は反則だよ…。

羽海野さんのハチクロ以外の作品を読んだのは初めてでしたが
2編ともとても良かったです。
Categorieコミック
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。