QLOOKアクセス解析
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Categorieスポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-)
2007'04.05.Thu

映画『ハチミツとクローバー』

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
櫻井翔 (2007/01/12)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
今更ながら、ハチクロの映画を見ました。
う~~ん…すっごく微妙な出来。2時間が長かったです…。
竹本くんは、良い人さとはぐへの想いの甘酸っぱさと不幸さが
増してました(笑)。あと、城マニアになってた。部屋に城の
模型がいっぱい…!元からそういう設定ではなかったですよね?
真山は理花さんへのストーカー度と変態度が増して、オタクっ
ぽくなってました(いいとこナシ)。あゆが一番あゆっぽか
ったかなー。相変わらず真山への恋心が切なくて可愛いです。
森田さんは論外でした。お前、誰だよ?!と…。一番別人。
森田さんのハチャメチャっぷりとかっこ良さを実在の人物が
演じるのは無理なんだよーと思いました。

はぐと一緒に一つの絵を仕上げて行くところは良かったです。
というか、はぐと森田さんの関係がすごく良くて、原作の結末を
知ってる身としては、余計切ない。ああ…森はぐが好きだー!
でも、森田さんからはぐへのキスはちっとも良くなかった。
はぐが逃げ出してどーするよ!混乱した森田さんが面白かった
のに・・・。キスを目撃してしまった竹本くんは可哀想でした(^^;

いい所と言えば、衣装はイメージに合っててとても良かった
(森田さん以外)。真山のシャツとかすっごい真山(笑)。
あゆのスカートとはぐのワンピースも可愛かったです。

原作のエピソードつまみぐいみたいな感じで構成されていたの
ですが、やはり原作やアニメの演出にかなうわけがなく(あゆが
真山におんぶされながら「真山…好き…」というシーンで特に
そう思った)、微妙な仕上がりとなってしまっていました。
Categorie日常
トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。